新入社員も確定申告をする必要がありますか?

Pocket

確定申告が必要なサラリーマンの数は限られており、全員が必要というわけではありません。

会社に勤めている場合、年末調整により所得税の額が確定され、納付も会社が代行するため確定申告は原則として不要です。


確定申告の申告が必要な人とは

・給与の額が2000万円を超える人
・2箇所から給与を受け取っている人
・副業などにより年間20万円以上の雑所得がある人

です。

新入社員の給与が2000万円を超える企業は少ないと思いますが、ありがちなのはインターネットのオークションなど給与所得以外で予期せぬ収入があった場合。

外貨預金や外国為替証拠金(FX取引)で年間20万円以上の為替差益が出た場合も雑所得として計上されることがあるので注意が必要です。

まとまった金額の副収入があった人は、近所の税務署や税理士会が開催している無料相談会に参加してみるとよいでしょう。

確定申告をせず脱税として国税局から摘発されたケースもあるので気を付けて下さい。

その他、サラリーマンや会社員の確定申告に関しては、以下のサイトをご覧下さい。

サラリーマン・会社員が知っておくべき確定申告に関する5つのこと