確定申告をする必要のある人とは?

Pocket

あなたが、下記に当てはまるなら、確定申告をする必要のある人です。

(1)専業で年間38万円を超える所得がある人。

(2)サラリーマンの人で給料以外に、副業などで年間20万円を超える所得がある人。

フリーランスや個人事業主としてやっていて、年間38万円を超える人は確定申告をする必要があります。

38万円は基礎控除として、課税する前に差し引かれる金額なんですね。

生活をする上で38万円くらいは必要だという国の粋な計らいのようなものです。

サラリーマンの場合は、年間20万円までだったら、お小遣いとして見逃してあげるよという国の粋な計らいですね。

ちなにみ、確定申告は毎年必ずしなければいけないという訳ではありません。

過去5年分の申告ができるので、まとめて5年分の申告を一度にすることもできます。