確定申告で支払う税金の計算法

Pocket

確定申告を行う前に支払う税金の計算をする必要があります。

計算方法は下記の通りです。

(1)1年間の収入から経費を引いて、所得を計算します。

(2)その所得から控除を引いて、課税所得を計算します。

(3)その課税所得に税率を掛けて、税金の額が決まります。

つまり、経費が多くなればなるほど、所得が少なくなります。

控除額が大きくなればなるほど、課税所得が少なくなります。

ということは、支払うべき税金の額を少なくするには、経費と控除を大きくすることと言えますね。

そして、収入から控除を引いた額と同じ額の経費があるなら、課税所得は0円になるので、税金を支払う必要がなくなるという考え方もできますね。