確定申告とは」カテゴリーアーカイブ

払いすぎた税金を返してもらおう!

確定申告は所得税を納める行為ですが、実際、フリーランスで仕事を受けた場合、すでに源泉徴収されて所得税を支払っている場合が多々あります。

しかし、その源泉徴収された所得税には、経費のことは全く考慮されていない額です。

つまり、その仕事に対してかかった経費を差し引くと、税金を払いすぎているんですね。

なので、売上げから経費を差し引いて確定申告をすると、払いすぎている税金を返してもらえるんです。

この返してもらえる金額のことを還付金と言います。

確定申告の知られざる一面

確定申告は、1年間働いた収入に対する所得税を納める行為ですが、実際、それだけではなく、様々な面があります。

まず、フリーランスの場合、日々の目の前の仕事で忙しくて、実際にいくら儲かっているのかを確認できていない人が多いと思います。(私も独立当初はそうでした。。) 続きを読む

青色申告のメリット

青色申告には様々なメリットがあります。

下記が青色申告のメリットになります。

・「青色申告特別控除」が受けられる(複式簿記の場合は65万円控除、簡易簿記の場合は10万円控除)
・赤字を3年間繰り越せる
・家族の支払った給与の全額を経費にできる
・30万円以下の機材を減価償却せずに1回で計上できる(年間300万円まで) 続きを読む

確定申告をする必要のある人とは?

あなたが、下記に当てはまるなら、確定申告をする必要のある人です。

(1)専業で年間38万円を超える所得がある人。

(2)サラリーマンの人で給料以外に、副業などで年間20万円を超える所得がある人。

フリーランスや個人事業主としてやっていて、年間38万円を超える人は確定申告をする必要があります。

38万円は基礎控除として、課税する前に差し引かれる金額なんですね。

生活をする上で38万円くらいは必要だという国の粋な計らいのようなものです。

サラリーマンの場合は、年間20万円までだったら、お小遣いとして見逃してあげるよという国の粋な計らいですね。

ちなにみ、確定申告は毎年必ずしなければいけないという訳ではありません。

過去5年分の申告ができるので、まとめて5年分の申告を一度にすることもできます。

確定申告におけるペナルティとは

確定申告をして税金を支払うことは、フリーランスや個人事業主の義務になります。

なので、違反をすれば当然、ペナルティが課されます。

確定申告におけるペナルティには、以下のものがあります。

(1)申告期限に遅れた・・・無申告加算税15%(調査前に自己申告すると5%)

(2)申告したけど税金を納めなかった・・・延滞税14.6%(期限日から2ヶ月間は7.3%)

(3)期限内だが納めた税金が不足・・・過少申告加算税10%

(4)悪意で意図的に申告しなかった・・・重加算税35%(重い過失の場合は40%)

ちなにみ、私は申告したけど、肝心の税金を納めることをすっかり忘れ、延滞税の7.3%を支払うことになったことがあります。

確定申告をして終わりではありません。その後、確定した税金を支払うことを忘れないで下さいね。

所得別の税率

確定申告で支払う税金額は、1年間の収入から経費を引いて所得を計算し、所得から控除を引いて課税所得を計算し、課税所得に税率を掛けて決まります。

そして、税率は、所得額に応じて変わります。

平成18年(2006年)までの所得に対する税率
〜330万円:10%
330〜900万円:20%
900〜1800万円:30%
1800万円〜:37%

平成19年(2007年)からの所得に対する税率
〜195万円:5%
195〜330万円:10%
330〜695万円:20%
695〜900万円:23%
900〜1800万円:33%
1800万円〜:40%

よく、所得が340万円で、なんとかして10万円を減らして330万円内に収めようとしている人がいます。

仮に、年間の所得が340万円だとしても、330万円までは税率10%、そして、残りの10万円に対してのみ税率20%になるので、無理に経費を多くして課税所得を330万円以内に収めようと必要はありませんよ。

サラリーマンは源泉徴収

フリーランスや個人事業主が稼ぐお金は、事業所得と言います。

それに対し、サラリーマンがもらう給料は、給与所得と言います。

給与所得は、源泉徴収制です。

源泉徴収とは、1ヶ月ごと税金を給料から天引きする制度のことです。

ですから、サラリーマンは確定申告の必要がないんですね。

その代わり、実際よりも税金を多く払いすぎている可能性もあります。

それを年末に調整することを年末調整と言います。

年末調整は面倒ですし、そこまでするサラリーマンの方はあまりいないかもしれませんが、気になる方は、会社の経理担当の人などに相談してみるといいでしょう。

ちなにみ、サラリーマンの方が副業や週末起業などで得た収入は、事業所得になりますので、年間の事業所得が20万円を超える場合は、申告の義務が発生します。

確定申告で支払う税金の計算法

確定申告を行う前に支払う税金の計算をする必要があります。

計算方法は下記の通りです。

(1)1年間の収入から経費を引いて、所得を計算します。

(2)その所得から控除を引いて、課税所得を計算します。

(3)その課税所得に税率を掛けて、税金の額が決まります。

つまり、経費が多くなればなるほど、所得が少なくなります。

控除額が大きくなればなるほど、課税所得が少なくなります。

ということは、支払うべき税金の額を少なくするには、経費と控除を大きくすることと言えますね。

そして、収入から控除を引いた額と同じ額の経費があるなら、課税所得は0円になるので、税金を支払う必要がなくなるという考え方もできますね。