税理士には相性があるので、紹介とか親族から探さない方がいいですよ。

会社設立を考えると、同時に税理士探しも考えると思います。

会社設立自体、社長が自らやるには敷居が高いですし、税務処理は自らやらずに専門家にまかせ、社長は経営に専念した方がいいというのが一般的な認識です。

税理士探しをしようとすると、多くの人はまず知り合いの紹介を考えます。

親族に税理士がいる場合は、親族の税理士にお願いしたり。

でも、そうしてしまうと、たいていの場合、税理士選びに失敗します・・・。

税理士は身近で選んでダメなんです。税理士選びで一番大切なことは相性の良い税理士を見つけることです。

そのためには、複数の税理士と面談して、自分と一番相性の良い税理士を見つけることが大切です。

そもそも、知り合いが契約している税理士があなたにとって最適な税理士とは限りません。

また、知り合いの紹介だと、その知り合いの顔にドロを塗るわけにはいかないので、何か合った時に言いたいことも言えなくなります。

同様に、親族だからといっても、その人があなたにとって最適な税理士とは限りません。

税理士というパートナー選びは、ビジネスの一貫と考えた方がいいです。

ビジネスパートナーを見つけるのですから、複数の税理士の中からしっかり比較して最適なビジネスパートナーを選ぶのが賢い経営者というものです。

そんな税理士比較に使えるのが税理士紹介センターです。

税理士紹介センター「ビスカス」がオススメの理由

コーディネーターがいるから面談もスムーズに進む!

税理士紹介センターといってもたくさんあります。

ネットで「税理士紹介」といったキーワードで検索すれば、たくさんの税理士紹介センターの広告が表示されます。

そんな数ある税理士紹介センターの中でオススメなのが「ビスカス」です。

なぜビスカスがオススメなのかと言うと、ビスカスだけが面談時にコーディネーターが参加してくれるからです。

通常、税理士紹介センターを利用すると、経営者と税理士が1対1で面談をします。複数の税理士と面談し、その中から自分に一番あった税理士を選択します。

ただ、二人とも面談のプロではありません。初対面で話が進めばいいですが、税理士というのは概してコミュニケーション能力が低い人が多い業界なんです。

数字のプロであってコミュニケーションのプロではありませんから。

経営者も技術職などでコミュニケーション能力が低い場合、口下手な二人が初対面で会話しなくてはいけないという最悪の状況になってしまいます・・・。

そこで、面談をスムーズに進めるためにコーディネーターの出番です。

コーディネーターが司会進行役のようになり、経営者と税理士の面談をスムーズにすすめてくれます。

初対面が苦手な人でも、これなら聞きたいことを漏れなく聞くことができます。

コーディネーターが面談に同席するのはビスカスだけですし、実際に紹介される税理士の質も高いので、一番オススメなのです。

ちなみに、税理士紹介センターの利用料は無料です。税理士紹介センターは利用者からお金を頂くのではなく、契約が決まった税理士からお金を頂くからです。

ビスカスの特徴

あなたに最適な税理士探しをサポート!

ビスカスをオススメするのは、コーディネーターが面談に同席するからという理由だけではありません。

まず、そもそも税理士紹介センターの中では、ビスカスは草分け的な存在なのです。

1995年から20年以上も運営してきているのが信頼の証です。

どの業界でもそうですが、質の良いサービスを展開しないと、20年以上も続きません。

つまり、ビスカスは業界の老舗なんです。

そんなビスカスですが、利用者は個人事業主から上場企業まで非常に幅広いです。

税理士紹介センターというと、初めて税理士を探す人ばかりかと思いますが、ビスカスの場合は税理士変更で利用する人も多く、その割合は初めてが51%、変更が49%とほぼ同数です。

税理士を紹介して5年後の満足度は86%ですから、非常に質のよい税理士がたくさん在籍していることが分かります。

実際、税理士紹介件数は10万件を超え、登録事務所数も3000超と業界最多です。

紹介した税理士の月額顧問料は以下のようになっています。

  • 2万以下:15%
  • 2万〜3万:28%
  • 3万〜4万:21%
  • 4万〜5万:17%
  • 5万以上:19%

社長一人だけの会社や少人数の会社は、最初は2万5000円〜3万5000円くらいの月額顧問料で探してみるといいと思います。

税理士紹介センターを利用した体験談

私は愛知県の名古屋でネット関係の仕事をしています。

税理士を探そうと思った時にまず最初にやったことは、ネットで「名古屋 税理士」と検索して探しことです。

でも、たくさん出てきて、どの会社がいいのか分からなかったのです。

また、月額顧問料もどの程度が相場なのか分からなかったので、税理士紹介センターを使って複数の税理士と面談しようと考えました。

実際、3社の税理士と面談したのですが、やはり3社ともに色々と特徴があり、税理士といっても様々なのだなぁ〜と思ったものです。

中には、このまま個人事業主を続けた場合と、法人化した時の税金の差額を書いた紙を持ってきてくれた人もいました。

その時は、「法人化すると役員報酬(経営者の給料)が経費になるので、これだけ節税できるのですよ」と説明して頂きました。

また、3社と面談することにより、おおまかな相場のようなものも肌感覚で分かってきました。

実際、そのうちの1社と契約し、会社設立から顧問契約までお願いしました。

税理士選びは慎重に行った方がいいと思います。

というのも、顧問契約すると、個人事業主時代の入金・出金の出入りを確認するために、銀行通帳のコピーを渡すことになるからです。

これが親族だと面倒なことになると思いますし、知り合いや友達の紹介という安易な方法も取らない方がいいと思います。

会社のお金の出入りをすべて把握される相手なので、しっかり信頼できる相手を面談で探すのが、後で後悔しない税理士選びになると思いますね。