面倒な確定申告を自分でやっているようではダメですよ!

自営業者で確定申告を自分でやっている人は少なくないですが、そんな面倒なものは税理士に任せちゃった方が利口です。

というか、確定申告は自分でやっていたらダメです。

税理士は顧問契約しなくても、確定申告だけでもやってくれますよ。

だいたい10万円前後でやってくれます。安い人なら5万円くらいでやってくれる人もいます。

このお金をケチって、自分の貴重な時間を使って確定申告しているようでは、売上は伸びません。

自営業者といっても、自分のビジネスの社長のようなものですから、時間は売上が上がることに絞って投資すべきです。

自分の時間はタダではないということを意識しないとダメですね。自分の時間は有料です。

優秀な経営者は自分の時間を常に時給換算しています。

自分の時給が1万円だとしたら、確定申告の作業に10時間使ったら10万円を使ったということです。

10万円投資したけど、確定申告の作業からはお金は生まれません。

どうせ10万円を投資するなら、今後、お金を生むことに投資した方が利口ですし、そうすべきです。

だから、将来的にお金を生まない確定申告の作業を自分でやるべきではないのです。

そんなものは、税理士さんにお願いすればいいだけです。

売上が上がらない自営業者はなんでも自分でやろうとします。

一方、たくさん稼ぐ自営業者はお金で時間を買って、自分の時間を売上の上がることだけに投資します。

この違いが、デキる人とデキない人を分けるのです。

では次に、賢い自営業がやっている効率的な税理士の探し方を紹介します。

自営業者の税理士の探し方

知り合いの紹介や親族から税理士を選ばないで!

自営業の場合、税理士を探すとなると、まずは知り合いの紹介等から始めると思います。

また、親族に税理士がいれば、その人にお願いしたり。

でも、これは典型的な失敗パターンなので、辞めた方がいいです。

そもそも、知り合いの税理士が自分に合っている税理士とは限りません。

人には相性があるので、その人には合っても、あなたに合うとは限りません。

また、知り合いの紹介だと、何か問題が起きた時にも文句を言いづらくなります。

親族の税理士にお願いするのも辞めた方がいいです。

そもそも、親族に自分の経営状況や稼ぎについて知られるのってイヤじゃないですか?

あなたがすごく儲かっている場合、「お金貸してくれ!」とか言ってくるかもしれません。

また、「あいつは儲かっているから」と相場よりも高い金額をふっかけてくるかもしれません。

自営業者が税理士の探す場合、一番いいのは税理士紹介サービスを使うことです。

税理士紹介サービスに申し込むと、無料で税理士を紹介してくれます。

2〜3人の税理士と面談をして選ぶことも可能です。

無料の理由ですが、税理士紹介サービスはあなたからお金をもらうのではなく、税理士からお金をもらうからです。

税理士紹介サービスを使って数人の税理士と面談すれば、相場というのも分かりますし、自分で相性の良い税理士を選べます。

今後、法人化する時にも相談できるので、個人事業主のうちからつながりを持っておくことは良いことです。

税理士紹介サービスの中でもビスカスがオススメの理由

私が同席するので安心して下さい!

税理士紹介サービスといっても、日本にたくさんあります。

その中でも一番のオススメはビスカスです。

オススメの理由ですが2つあります。

1つ目は、税理士の質が良いこと。

税理士にも色んな人がいます。できる税理士からイマイチな税理士まで・・・。

ビスカスは仕事があまりできなかったり、評判が良くない税理士は紹介しない方針なので、結果的に評判の良い税理士しか紹介されなくなります。

税理士紹介サービスにはたくさんの税理士が登録しています。

でも、ビスカスの場合、評判が良い税理士には話を振るけど、評判が悪い税理士には話を振らないので、ハズレを引く確率が低くなります。

評判の悪い税理士は、ビスカス以外の税理士紹介サービスに登録して、そちらでお客を見つけるしかないのです。

なので、ビスカス以外の税理士紹介サービスを使うと、そのハズレな評判が良くない税理士を紹介されてしまうかもしれないのです。

2つ名のオススメの理由ですが、おそらく税理士紹介サービスの中で、唯一ビスカスだけがやっているサービスがあるからです。

それは、面談時のコーディーネーターの同席です。

通常、税理士紹介サービスで税理士を紹介してもらうと、あなたと税理士で最初に面談をします。

面談場所は税理士の事務所だったり、お互いの中間地点だったり、自分の事務所や自宅だったりを選べます。

その際、ビスカスだけがコーディーネーターと呼ばれる税理士紹介のエキスパートが同席してくれるのです。

コーディーネーターが司会進行役をやってくれるので、話がスムーズに進みます。

税理士には口下手な人も多いので、コーディーネーターがいるかいないかは実はすごく大きいのです。

ビスカスならコーディーネーターが同席してくれるので、安心して面談に望めますし、税理士の選び方なども個別にアドバイスしてもらえます。

ここまで、読んでもらえた自営業者の方には分かってもらえたかと思いますが、確定申告は自分でやらずに、ビスカスで税理士を探して、お願いするのがベストということです。

そして、あなたは自分が本来やるべき作業に集中して、業績をアップしていきましょう!