サラリーマンでも確定申告をする必要のある人

サラリーマンでも確定申告をする必要のある人

もし、アナタが以下の2つに当てはまるサラリーマンなら、あなたは自分で確定申告をする必要があります。

(1)年収2000万円以上

アナタが年収2000万円以上の高所得者なら、自分で確定申告をする必要があります。

年収2000万円以上ともなると高額納税者になるので、国としても目を光らせたいと考えているからです。

税逃れなどがないかどうか、税務署としてきちんと把握したいということです。

(2)年間20万円以上の副収入

もし、アナタが副業などをしていて、年間に20万円以上の収入があるなら、自分で確定申告をする必要があります。

でも、この20万円は経費などを差し引いた額です。

ですから、もし年間の副収入が25万円で経費が6万円なら所得が19万円になるので、自分で確定申告をする必要はありません。

副収入として、たとえば、会社勤めをしながらオークションで収入があったり、クイズで賞金をもらったり、FX取引で利益があったり、昼間は会社で働きながら夜のアルバイト(キャバクラ嬢など)をしていたりなどがあります。

確定申告しないとどうなるのか?

アナタが上記2つの条件が当てはまるサラリーマンなのに確定申告を自分でしないと、「無申告」ということになり税務署がやってくるか、税務署から呼び出されます。

会社は税務署に社員の給料の情報を届けています。

なので、あなたが住んでいる地域の税務署にあなたの収入のデータは集まっているということです。

そして、「無申告」がバレると「無申告加算税」などが追加され、支払わなくてはならない税金額が増えることになります。


朝 起きられない 朝が弱い人のための体内時計のしくみ

50万円今日中に欲しい