確定申告って何?基礎から分かる確定申告

確定申告って何?基礎から分かる確定申告

まず最初に、確定申告の意味をしっかり理解しましょう。

そして、確定申告をするに当たり、覚えておきたい用語も説明します。

確定申告とは「所得」を計算して「所得税」を確定すること

そもそも、確定申告とは何を確定するのでしょうか?

あなたのは、この質問に答えられますか?

確定申告とは「所得」を計算して「所得税」を確定するという行為です。

収入-経費=所得、(所得-控除)×税率=所得税

ちなみに、「収入」と「所得」は違います。

「所得税」は「所得」にかかる税金で、「収入」にかかる税金ではありません。

では、「収入」と「所得」は何が違うのでしょうか?

「収入」と「所得」の違い

収入を得るには様々な「経費」がかかります。

たとえば、仕入れ代金や材料費、配送料、事務所の家賃、人件費などなど。

「収入」からそのような「経費」を引いたものが「所得」です。

「控除」について

「収入」から「経費」を差し引いた「所得」にも、人それぞれ様々な事情があります。

その事情に応じて、「所得」から税金をかけない分を差し引くのが「控除」と呼ばれるものです。

1年間に稼いだ「収入」から仕事上必要な「経費」を差し引いたものが「所得」。

次に、その「所得」から差し引いたのが様々な「控除」です。

収入と経費と控除と所得について

たとえば、配偶者がいる場合や社会保険や生命保険に加入している場合などは、一定の金額を「控除」として所得から差し引けます。

そして、残りの金額にかけられるのが「所得税」です。

この「所得税」を確定して申告する行為が「確定申告」というわけです。

主に、自営業者は自分でこのような計算をして、毎年、税務署に所得税を納めています。

2009年度では約2367万人の人が確定申告をしました。