サラリーマン・会社員が知っておくべき確定申告に関する5つのこと

サラリーマン・会社員が知っておくべき確定申告

もし、アナタがサラリーマン(会社員)なら、あなたは税金を納めているという意識がしっかりとありますか?

そもそも、あなたは確定申告の意味を知っていますか?

子供に「お父さん、確定申告ってな〜に?」と聞かれたら、ちゃんと答えることができますか?

日本ではサラリーマン(会社員)であるアナタの代わりに、会社が確定申告をしてくれています。

「源泉徴収」と「年末調整」がそれに当たります。

一方、個人事業主は自分で確定申告をしています。

すると、サラリーマン(会社員)は確定申告を自分でする必要があるから楽で恵まれていると考える人もいるようです。

しかし、「源泉徴収」と「年末調整」のデメリットも存在するのも事実です。

また、サラリーマン(会社員)でも年収が多い人や副収入がある人は自分で確定申告をする必要があります。

さらに、確定申告をする必要はないけれど、確定申告をすることで節税できてお得なサラリーマンもいます。

つまり、個人事業主だろうとサラリーマン(会社員)だろうと、税金や確定申告についての知識はあった方がよいということです。

知識は身を助けます。

当サイトでは、サラリーマン(会社員)をやっている人が最低限知っておくべき確定申告について簡単にまとめています。