複式簿記で青色申告することにより65万円控除をゲットできます!

サラリーマン大家の場合、本業のサラリーマンの収入だけでなく、副業としての不動産投資からの収入もあります。

サラリーマンが副業で年間20万円以上の利益(課税所得)を得た場合、自分で確定申告することが法律で義務付けられています。

会社の給料は会社の経理担当が税務処理をしてくれますが、サラリーマン大家としての税務処理は自分でしなくてはいけないということです。

ただし、サラリーマンは今まで、税金のことなんて気にせずに生きてきた人がほとんどだと思うので、いきなり確定申告しろと言われても困ってしまうと思います。

また、確定申告の仕方によっても、払う税金の額が変わってきます。

税金の世界というのは、知らないと損することがたくさんある世界です。

どうせなら、税金は少ない方がいいので、得する確定申告の仕方で申告するようにしたいものです。

結論ですが、サラリーマン大家が税金を安くする確定申告の方法は、複式簿記で青色申告することです。

そうすることによって、65万円の控除を得られます。

もし、あなたの不動産投資による所得金額(収入から経費を引いた額)が65万円だとしたら、複式簿記で青色申告することで所得金額を0円にすることができます。つまり、税金も0円になるということです。

青色申告には単式簿記による申告方法もありますが、控除額は10万円に減ってしまいます。

白色申告だと控除額はないので、そのぶん税金が高くなるので、白色申告による申告は絶対に辞めた方がいいです。単なる情報弱者です。

  • 青色申告(複式簿記):控除額65万円 ← 税金を一番減らせる
  • 青色申告(単式簿記):控除額10万円 ← もったいない
  • 白色申告:控除額なし ← 問題外

税金を極限まで安くするには、65万円控除がある複式簿記で青色申告することが一番なのですが、1つだけ問題があります。

それは、複式簿記は専門知識が必要とされ、すごく難しいということです。

簿記をかじったことがある人ならなんとかできるかもしれませんが、それでも多くの時間と手間をとられてしまいます。

簿記について全く知らない人なら、おそらく自分ではできないと思います。

そこで、オススメなのが確定申告業務を税理士にお願いすることです。

5万円くらいでやってくれる税理士もいるので、65万円の控除を考えると、それでも十分にお釣りがきます。

税理士を探す方法ですが、今は税理士紹介サイトで無料で税理士を探せるので、たいていの人が税理士紹介サイトで税理士を見つけています。

業界最大手の税理士紹介サイトは「ビスカス」なので、ここで探せば間違いないです。

サラリーマン大家として生きていくには、税務に詳しい人が身近にいた方が有利なので、税理士とのつながりは絶対に持っていた方がいいですよ。

どんなビジネスでもそうですが、税務を制する者がビジネスを制します。

税理士紹介サイトの上手な使い方【サラリーマン大家編】

将来のビジョンや出口戦略のことも伝えるのがベスト!

税理士紹介サイトでは無料で手軽に税理士を見つけることができますが、税理士なら誰でもいいというワケではありません。

というのも、サラリーマン大家に適した税理士と適していない税理士がいるからです。

サラリーマン大家に適した税理士とは、不動産投資のことを知っている税理士です。

一番いいのは、すでに顧客に不動産投資家がいることです。

そうすれば、木造アパートと鉄筋コンクリート造の耐用年数の違いなどを説明する必要がありません。

税理士は税務の専門ですが、不動産投資の専門ではないことは忘れてはいけません。

でも、すでに顧客に不動産投資家がいるなら、たいていのことは分かっているはずです。

ですから、税理士紹介サイトの申込時に、「相談内容」のところに「顧客に不動産投資家を抱えている税理士」や「不動産投資の節税に詳しい税理士」などと書いて申し込むことをオススメします。

あとは、一人だけでなく、複数の税理士と面談することをオススメします。

できれば、3人ほどの税理士と面談して、その中から一番自分にあった税理士を選ぶといいです。見積もりを出してもらえば、価格比較もできますし。

確定申告をお願いする税理士を選んだら、節税のことだけでなく、将来のビジョンや出口戦略のことも伝えるようにして下さい。

そうすれば、税理士も短期の戦略だけでなく、長期戦略で税務を考えてくれます。

ただ単に1年分の領収書を渡すだけではなく、自分が考える賃貸経営の方針を伝えることが重要です。

そうすれば、それに一番適した形の確定申告書を作ってくれますから。

青色申告制度について

確定申告は複式簿記による青色申告でやる!

確定申告には青色申告と白色申告がありますが、青色申告は税金の支払いという意味では有利な扱いが受けられる申告方法です。

なぜなら、控除額を増やすことができるからです。それはすなわち、税金額を減らすことになります。

青色申告できる人は「不動産所得」「事業所得」「山林所得」のある人です。つまり、この3つの所得がある人は、青色申告をしないと損なのです。

青色申告をするには、その年の3月15日までに「青色申告承認申請書」を納税地の所轄税務署に提出する必要があります。

新規開業した場合は、開業日から2ヶ月以内に「青色申告承認申請書」を納税地の所轄税務署に提出します。

青色申告の申告方法には「単式簿記」と「複式簿記」の2種類から選べます。

ただし、所得金額を少なくしたい(税金を安くしたい)なら、「複式簿記」による申告を選ぶべきです。

なぜなら、複式簿記だと控除額は65万円ですが、単式簿記だと控除額は10万円に減ってしまうからです。

より正確な帳簿付けをした人が、より多くの控除額を得られるということです。

55万円の差ですが、基礎控除が38万円ということと比較すると、これは非常に大きい差となります。

ちなみに、単式簿記による青色申告にことを「アオジュー」と言ったりする人もいます。これは「青色申告10万円控除」の略のようです。

いずれせよ、サラリーマン大家が税金を少しでも安くしたいなら複式簿記による青色申告をすべきです。

税理士に頼めば自分の時間も手間もかかりませんし、税理士紹介サイトを使えば、無料で税理士を見つけることができますので、やらない理由はありません。

ベテラン大家は当たり前のようにやっていることなので、もし白色申告や青色申告(単式簿記)で申告していたら、すぐに青色申告(複式簿記)で申告するようにしましょう。

どんなに利益が出ても、税金で多くを持っていかれたらモチベーションを維持するのは難しいですからね。

税金だって、どんな使われ方をされているのか分からないのですから、お金は自分で正しい使い方をした方が世のためになることもあります。

参考:
税理士紹介サイトの老舗ビスカス
国税庁 青色申告制度