控除の種類

給与所得控除

給与所得控除は、サラリーマン、パート、アルバイトの方の給料から差し引かれる控除です。 つまり、給与所得は給料から給与所得控除が差し引かれた額になります。 サラリーマンにとって経費に相当するものと見ることもできますね。
控除の種類

小規模企業共済等掛金控除

小規模企業共済等掛金控除とは、サラリーマンの人と違って退職金がないフリーランスや個人事業主のための退職金積み立て制度に対する控除です。 全額控除になります。 月々、1,000〜70,000円まで積み立てすることができるので、人に...
控除の種類

損害保険控除

事務所の火災保険や、取材で海外に行った時の損害保険も控除の対象になります。 控除額は最高で15,000円です。 「生命保険料控除証明書」と「損害保険料控除証明書」の提出が必須となっています。
控除の種類

生命保険控除

生命保険に加入している人は、最大5万円まで控除することができます。 「一般の生命保険」と「個人年金形式で受け取れるタイプの生命保険」の2種類で各最大5万円までなので、合計で最大10万円の控除になります。
控除の種類

医療費控除とセルフメディケーション税制

もし、あなたが1年間にかかった医療費の合計が10万円以上の場合は、医療費控除が受けられます。 10万円を超える分の支払い分が控除額になります。 たとえば、医療費を1年間で12万円使ったら、2万円(12 - 10 = 2)だけ所得...
控除の種類

社会保険料控除

サラリーマンを辞めてフリーランスや個人事業主として独立すると、「国民年金」と「国民健康保険」に加入しますが、この2つに支払った金額も全額控除になります。 ただし、国民年金はしっかりと支払っていることを証明するために「保険料納付証明書」...
控除の種類

青色申告特別控除

青色申告をすると、青色申告特別控除を受けることができます。 控除額は、平成16年(2004年)までは複式簿記が55万円の控除、簡易簿記が45万円と10万円の控除の2種類でしたが、平成17年(2005年)から、複式簿記が65万円の控除、...
控除の種類

寡婦控除・寡夫控除

まず、あまり聞き慣れない寡婦(かふ)という言葉の意味を調べてみましょう。 大辞林によると寡婦は「夫と死別または離婚して、再婚しないでいる女性」とあります。寡夫は「妻と死別または離婚して、再婚しないでいる男」とあります。 つまり、...
控除の種類

障害者控除

確定申告をする本人やその家族、配偶者が障害者の場合は、障害者控除を受けることができます。 控除額は、27万円。 1〜2級などの重度の障害の場合は、40万円の控除になります。
控除の種類

寄付金控除

世の中の役に立つことをする人は、税金面でも優遇されるようですね。 寄付した人には、寄付金控除が認められています。 控除額は、寄付した金額から1万円を引いた額です。例えば、100万円を寄付したら、99万円まで控除できます。 ...
控除の種類

扶養控除

配偶者(結婚相手)以外にも、子供や同居の親などを養っている人は、扶養控除を受けることができます。 控除額は下記の通りです。 (1)0〜15歳までは38万円 (2)16〜22歳までは63万円 (3)23〜69歳までは38万円 (...
控除の種類

配偶者控除

私のような独身者には関係のない控除ですが、配偶者(結婚している夫婦の相手のこと)がいる方には、配偶者控除が受けられます。 控除額は最大38万円です。 ただし、配偶者控除を受けるには下記のような条件があります。 ・配偶者と自...
控除の種類

基礎控除

確定申告をするに当たり、誰もが受けられる控除が基礎控除です。 控除額は38万円。 確定申告をする必要のある人とは?で、確定申告をする必要のある人の条件に「専業で年間38万円を超える所得がある人」とありますが、この38万円という額...
経費の種類

雑費

経費のどの項目にも当てはまらないものは雑費に入れます。 私の場合は、外注に仕事をお願いした場合の銀行の振り込み手数料などを入れています。 雑費の経費項目としては下記のものがあります。 営業用のスーツ、銀行の振り込み手数料、...
経費の種類

租税保険

あまり聞き慣れない言葉だと思いますが、租税保険という経費もあります。 租税保険の経費項目としては下記のものがあります。 収入印紙、車の自動車税、個人事業主税費、仕事場が持ち家の人は固定資産税