利用できるクレジットカード

手数料がかかるけどポイントやマイルが貯まるクレジットカード納税ってお得なの?カード納付のメリットとデメリット

Pocket

2017年1月4日から国税のクレジットカード納税ができるようになりました。

すでに、自動車税や固定資産税といった地方税はクレジットカード納付を認める自治体が存在していましたが、とうとう2017年から所得税や法人税といった国税もカード納税できます。

税金をクレジットカード払いできるということは、税金を払いながらクレジットカードでポイントやマイルを貯められるということです。

しかし、カード納付の場合、現金での納付と違い手数料が取られます。

今回は、2017年時点のクレジットカード納税の概要やメリット&デメリットについて確認してみたいと思います。

クレジットカード納税の概要<2017年>

税額が原則1000万円未満ならクレジットカードによる納税が可能です。

その他の特徴は以下の通り。

◎利用できるクレジットカード

  • Visa(ビザ)
  • Mastercard(マスターカード)
  • JCB(ジェイシービー)
  • American Express(アメリカン・エキスプレス)
  • Diners Club(ダイナースクラブ)
  • TS CUBIC CARD(TSキュービックカード)

利用できるクレジットカード

◎クレジットカード納税できる税目

  • 申告所得税及復興特別所得税
  • 消費税及地方消費税
  • 法人税
  • 法人税(連結納税)
  • 地方法人税
  • 地方法人税(連結納税)
  • 相続税
  • 贈与税
  • 源泉所得税及復興特別所得税(告知分)
  • 源泉所得税(告知分)
  • 申告所得税
  • 復興特別法人税
  • 復興特別法人税(連結納税)
  • 消費税
  • 酒税
  • たばこ税
  • たばこ税及たばこ特別税
  • 石油税
  • 石油石炭税
  • 電源開発促進税
  • 揮発油税及地方道路税
  • 揮発油税及地方揮発油税
  • 石油ガス税
  • 航空機燃料税
  • 登録免許税(告知分)
  • 自動車重量税(告知分)
  • 印紙税

◎納付税額ごとの決済手数料(税込)

  • 1円〜10,000円:82円
  • 10,001円〜20,000円:164円
  • 20,001円〜30,000円:246円
  • 30,001円〜40,000円:328円
  • 40,001円〜50,000円:410円

※以降、10,000円を超えるごとに決済手数料82円が加算

  • 10万円:820円
  • 100万円:8,208円
  • 200万円:16,416円
  • 300万円:24,624円
  • 400万円:32,832円
  • 500万円:41,040円

クレジットカード納税のメリット

  • 24時間いつでも自宅から納税手続きができる。
  • クレジットカードなので分割払いができる。
  • 納税額に応じて、クレジットカードのポイントやマイルを貯められる。

クレジットカード納税のデメリット

  • 決済手数料がかかる。
  • カードの引き落とし日までに、銀行口座に現金が入っていないと(カードの支払いを延滞してしまうと)クレジットヒストリーが悪くなる。

クレジットカード納税が得になる場合

クレジットカード納税だと決済手数料がかかりますが、手数料以上にポイントやマイルが貯まるならお得ということになります。

1万円で税込82円の決済手数料がかかるということは、還元率に例えるなら0.82%です。

つまり、還元率0.82%以上のクレジットカードで納税すればお得ということになります。

世の中には、還元率1%以上のカードはたくさん発行されているので、そういったカードで納税すれば、税額が大きければ大きほど得ということになります。

参考サイト

クレジットカード納税についてさらに知りたい人は以下のサイトを参考に。