知っておきたい用語・知識」カテゴリーアーカイブ

災害にあった時に使える雑損控除と災害減免法の違いと失火責任法

温暖化の影響か、自然災害のニュースをよく目にするようになってきます。

水害、火災、地震と、生きていれば自分ではどうにもできない災害に巻き込まれてしまうこともあります。

そんな時に、申告すれば税金を安くしてもらえるいくつかの控除があるので紹介します。 続きを読む

利用できるクレジットカード

手数料がかかるけどポイントやマイルが貯まるクレジットカード納税ってお得なの?カード納付のメリットとデメリット

2017年1月4日から国税のクレジットカード納税ができるようになりました。

すでに、自動車税や固定資産税といった地方税はクレジットカード納付を認める自治体が存在していましたが、とうとう2017年から所得税や法人税といった国税もカード納税できます。 続きを読む

累進課税制度とは

累進課税制度とは、所得が高い人ほど税金を負担する割合が高くなる制度のことです。

簡単に言うと、儲かっている人から税金をたくさん取るということですね。

日本は累進課税制度になっています。

ちなみに、シンガポール、香港、スイスは所得税の累進制がほとんどないので、こういった国に会社を置くという流れもあります。

簡易簿記とは

簡易簿記とは、その名の通り簡単な帳簿付けです。

入ってきたお金と出て行ったお金の合計をそのまま計算します。

白色申告では、簡易簿記で申告することができます。

減価償却とは

減価償却とは、一言で言うと、固定資産を数年にかけて経費にすることを言います。

固定資産とは、パソコン、椅子や机などの形のあるもので、10万円以上のもののことを言います。

基本的に数年にわたって使うものなので、経費も数年に分けて計上する必要があるということです。(10万円以上の場合) 続きを読む

所得とは

所得とは、1年間働いて得た収入から経費を差し引いて残ったお金、つまり利益のことです。

所得は下記の10種類に分類されています。

・事業所得
・不動産所得
・利子所得
・配当所得
・給与所得
・退職所得
・譲渡所得
・山林所得
・一時所得
・雑所得

フリーランスや個人事業主の方が仕事によって得た報酬は、事業所得ですね。

サラリーマンの方が給料として得た金額は、給与所得です。

所得税とは

所得税とは、個人の収入に対して課せられる税金のことです。

フリーランスや個人事業主の方は、この所得税を確定申告で申告します。

所得税の計算方法は、

(収入−経費−控除)×税率

という計算で算出することができます。

1年間の収入から1年間に使った経費と各種控除を引いて課税所得を出し、税率をかければいいんですね。

還付申告とは

還付申告とは、源泉徴収によって払いすぎた税金を返してもらうように確定申告で申告すること。

返ってくる金額を還付金と言います。

源泉徴収で所得税を差し引かれているフリーランサーや、前年の所得税を基準に所得税を仮払いしている人は、還付申告をすることにって、還付金を受け取ることができます。 続きを読む