研修費

Pocket

サラリーマン同様、フリーランスや個人事業主も絶え間ない勉強が必要です。

特に、今の時代はすごい勢いで情報が流れる時代。そして、過去に常識だったものが非常識になることも多々あります。

そして、一人で仕事をしていると、モチベーションを保つことが難しいことがあります。

そんな時は、同じ環境にいる仲間との出会いやモチベーションアップのためにセミナーなどに出席することも大切です。

ビジネススクールに入会する人もいるでしょう。

また、昨今ではインターネットでダウンロード販売する情報商材と言われているものもあります。

仕事の業績アップ、スキルアップのための研修費は、当然、経費として落とすことができます。

研修費の経費項目としては下記のものがあります。

セミナー代、ビジネススクール代、教育DVD、情報商材

英語学習のサイトやメルマガを運営している場合は、英会話教室などの費用も50%按分ほどで研修費として落とすことができる可能性もあります。