通信費

Pocket

昨今では、仕事で当たり前のようにインターネットや携帯電話を使います。

私もインターネットと携帯電話はフル活用していますね。

また、自分のホームページを運営し、そこからお客さんを獲得している人も多いでしょう。

その際には、レンタルサーバーやドメイン(ホームページのアドレスのこと)が必要になりますね。

便利は便利なのですが、そのぶん、通信費もかかります。。

当然ですが、仕事で使った分の通信費は経費として落とすことができます。

通信費の経費項目としては、下記のものがあります。

インターネット代、携帯電話代、電話代、FAX代、プロバイダー代、レンタルサーバー代、ドメイン代、切手代、ハガキ代、書留、ゆうパック

自宅を仕事場として使っている場合は、経費の計算の際に、按分(あんぶん)が必要になります。

按分とは、仕事で使った分とプライベートで使った分を分けて経費を計算することです。

例えば、電話は仕事で使うこともあれば、友達や家族と話したりなど、プライベートで使う場合があると思います。

もし、仕事で使う分が半分くらいだとしたら、電話代を経費として計算する場合は、50%だけを経費として計上します。

月1万円の電話代だとしたら、経費として5000円を落とすことができるという訳ですね。