地代家賃

Pocket

フリーランスや個人事業主でも、仕事をする場は必ず必要です。

事務所の家賃は当然ですが、自宅の一部を仕事場として使っていても、按分して経費として落とすことができます。

例えば、3部屋あるマンションに住んでいて、その一部屋を仕事場(事務所)として使っている場合は、家賃の30%を経費として計上できます。これを按分すると言います。

水道光熱費や通信費も同様に按分します。

地代家賃の経費項目としては下記のものがあります。

事務所の家賃(自宅兼事務所の場合は按分して経費を計算)、店舗、事業用の車の駐車場代