水道光熱費

Pocket

当然ですが、仕事をする時にも水道光熱費がかかります。

仕事で使った分の水道光熱費は、経費として落とすことができます。

水道光熱費の経費項目としては下記のものがあります。

ガス代、電気代、水道代などの公共料金

自宅を仕事場として使っている場合は、経費の計算の際に、按分(あんぶん)が必要になります。

例えば、仕事で使っているスペースが部屋全体の三分の一だとしたら、ガス代、電気代、水道代も三分の一を経費として落とすことができます。